2018年秋イタリアミラノTGV旅行記ミラノを象徴するゴシック様式の大聖堂『Duomo di Milano、ドゥオーモ・ディ・ミラーノ』完結編

荘厳さと威厳に満ち溢れたイタリアを代表するゴシック建築物

ミラノ公国の領主だったジャン・ガレアッツォ・ヴィスコンティの命により、聖母マリアに捧げるための教会として1386年建設、

度重なる戦争のために建設は何度も中断されることに……

後に成功を収めていたナポレオンの命によって、400年以上の時を経て1813年完成となるものの

その後も世界大戦の悲劇を受けながらアーチや尖塔の建築は続き、聖堂の細部まで完成今日に至る

 

大聖堂屋上をぐるりと135本の尖塔が天に向けて伸び並び 中央あたり最も高い尖塔の上に黄金のマリア像が祀られています

屋上に上らなかったのですが下から撮った写真に聖母マリアが薄っすらと写る写真がありました

ステンドグラス部分を外観から撮ろうしていた時の写真です

事前にガイドブックは読み込まないのでエピソードを知らずに撮りました

屋上中央に祀られていますが下から見上げてみるとこんな感じの写真になります

高い所が苦手な方は正面からだけでなく大聖堂をぐるりと1周回ってみると黄金の聖母マリアの姿を薄っすらと見ることができます

 

大聖堂側面写真だとほぼ中央に聖母マリアがにゴールドに輝いてい見えます

 

内部は鮮やかなステンドグラスが縦に伸び今回のような晴天の日には光の反射が万華鏡のヒカリのように見えとても美しく魅了されます

側面外観はこの様な縦長の窓です

その窓間を大柱で支え内部身廊両サイドにも大柱が建ちます

突塔に祀られている聖母マリアを探しながらぐるりと回ってみると有料であることに納得です

 

内部の様子

ステンドグラス間の大柱がそのまま見えています

 

建物を支える空中にアーチを架けた飛梁(とびばり)、入口から主祭壇まで続く大柱の連続

 

約3500体以上の彫刻はすべて、、

そのたたずまいから表情、描写までもが丁寧に表現されています

そこのところを確認するように丁寧に見て回れば相性の良い彫刻と視点を合わせることができるかもしれません

 

排気ガスなどで傷んだファサードは2004年から修復工事が開始され、2008年秋より従来の美しさを取り戻し

空に浮かぶ雲よりも白く輝き世界各地から訪れる人を迎えています

青空を背景に幻想的な大聖堂を外観からも見ることができます

 

さてとここから内部を見て回ります

懺悔の部屋、小さな突塔がここにもありました

 

足を止める場所毎にステンドグラスがあります

太陽の光が入りにくいところは照明が当っています

 

 

ジャン・ジャコモ・メディチの墓。教会の貢献した聖人が葬られています

 

礼拝堂 12使途のうちの一人かと思いましたが違うみたいです

 

 

ステンドグラス

 

十字架と建物ミニチュアかな…?

 

広さはローマ、サン・ピエトロ大聖堂に次いで2番目です

人物像の美しさステンドグラスの素晴らしさはイタリアで一番になるのではないでしょうか!

 

ステンドグラスのパーツが何十枚もあります

 

キリストの12使徒の一人「聖バルトロマイの皮剥ぎ像」

ローマ、ヴァチカン美術館システィーナ礼拝堂壁画にミケランジェロが描いたの最後の審判では

位置的には中央部分に剥がれた皮とナイフを手にする聖バルトロマイが描かれています

芸術家がメッセージとして取り入れていた表現のひとつです

この人物像は何故にスキンヘッド…?

と思うところでありますが背中に皮膚すべてが垂れ足は血管が見えています

決して恐ろしいことではなく言伝えであって、残されていることそれがすべてではありません

『バルトロマイの持ち物ナイフと分厚いブック』

 

屋上見学チケットをお持ちなら、先にミラノの街と突塔を見学して

エレベーターに乗るとここに到着するようです

この日は余り動いていませんでした

 

人物像が何千体とあるので次から次へタイプの違う方々がいらしゃいます

 

おでこ抑えてどうしましたか…?

 

石柱を見てひと休み

 

細かい細工が素晴らしい

 

どこにいても光の入り方が美しい

 

ミサの時間でしょうか

左の翼廊(北翼)の祭壇 マドンナ・デッラルベロの祭壇

ヴインチェッゾ・プッチの作 中央聖母マリア

 

聖人達でしょうか…?

 

幻想的な雰囲気が...7世紀のミラノの司教、

右の翼廊(南翼)の祭壇 聖ジョヴァンニ・ボーノの礼拝堂です

 

圧倒され息をのみます

 

素晴らしく美しい

 

つい写真が多くなってしまいます

 

身廊と翼廊の交差があるはずですが気付かないまま主祭壇まで来ました、

広くて1周するだけでヘロヘロ (笑)

 

幻想的な光の反射が祭壇を照らします

中央大きなステンドグラスを注目してください

ステンドグラス、オレンジイエローに渦巻きのような模様

そして上下、左右に太枠の丸型がはめ込まれています

上下を先に見つけた方が大柱で見えにくい左右も見えてきます

はっきりと形を確認出来たら次の写真を見てください

 

主祭壇の外側にきました

外観からはシンプルなデザインに見え何のことやら中の様子は分かりませんが

ステンドグラスをつなぎ合わせ色と色が模様を作り出しそこから差し込む光が主祭壇に広がります

誰もが主祭壇前で写真撮りしたり立ち止まることでしょう

観光スポットとしてサラッと見学する旅行も勿論ありです

主祭壇前に立ち止まったとき太枠丸型は外観デザインどうなっているのかなぁと気付いて欲しいです

完成までの何百年

一つひとつの作業に数え切れないほど携わった労働によって大聖堂が完成している事を理解できるのではないでしょうか

ミラノを象徴する大聖堂とは…?

敵国フランス軍ナポレオン・ボナパルトが何故完成を指示するまでに至ったか…?

自宅から遥か遠い距離に来ていますが『心のふるさと』に来た!

不思議な気持ちでいっぱいです

 

両サイドの絵を観たいですねぇ

 

素晴らしかった

『Duomo di Milano、ドゥオーモ・ディ・ミラーノすべてが素晴らしいです

煩悩、雑念を持って見学をすると見学したという事実しか残らず、

心に響くものが見つからないかなぁ~、一瞬を心に刻む旅をしよう!』

最後まで見ていただきありがとうございます

mission complete

【海外旅行プラン一括依頼サイト】

旅は旅行計画からスタート、オリジナルプランで旅をしてみよう!

『旅行計画はタウンライフ旅さがしでおまかせ!』

ひとり旅に行きたいけれど自力で全部旅行計画を立てるのは面倒だし不安

そんな時は「タウンライフ旅さがし」というサービスがおススメです。

行きたい場所はもちろんのこと、目的や希望予算などを簡単な入力フォームに入力するだけで、

ヨーロッパを専門に扱う複数の旅行会社から自分に最適な旅行プランを提案してもらえます。

どうせなら自分に合ったツアーで旅行に行きたいですよね。

自分だけのオリジナルプランでヨーロッパを堪能しましょう。

先ずは旅行サイトへ…

ここからか↓写真をタッチするとサイトへ移動します


 

↓下記をタッチすると記事が移動します

エールフランス羽田発2017年夏フランスパリCDG旅行記【1】ルーヴル美術館並んでも見たい名作に会いに行く&ヴェルサイユ宮殿

エールフランス羽田発2017年夏フランスパリCDG旅行記【2】水のエチュードに囲まれてオランジュリー美術館モネを堪能する アンジェリーナモンブラン

エールフランス羽田発2017年夏フランスパリCDG旅行記【3】ノートルダム大聖堂

エールフランス羽田発2017年夏フランスパリCDG旅行記【4】波瀾に満ちたシテ王宮がコンシェルジュリーになるまでの歴史

エールフランス羽田発2017年夏フランスパリCDG旅行記【5】アンヴァリッドドーム教会

2017年夏モンサンミッシェル直行バス旅行記【6-1】アクセスは個人手配バスで世界遺産へ向かう

エールフランス羽田発2017年夏フランスパリCDG旅行記【7】旅の終わりにメダイユ教会へ

↓下記をタッチすると記事が移動します

エールフランス羽田発2018年元旦フランスパリ旅行記【1】新キャビンビジネスクラス快適空旅

エールフランス羽田発2018年元旦フランスパリ旅行記【2-1】華麗なる舞台ヴェルサイユ宮殿へ

2018年新年モンサンミッシェル旅行記【3-1】モンパルナス駅TGVアクセス

エールフランス羽田発2018年元旦フランスパリ旅行記【4-1】ルーブル美術館ドゥノン翼

エールフランス羽田発2018年元旦フランスパリ旅行記【5】シテ島ローマカトリック教会ノートルダム大聖堂

エールフランス羽田発2018年元旦フランスパリ旅行記【6】パリ市内散策Ⅰ

エールフランス羽田発2018年元旦フランスパリ旅行記【7】パリ市内散策Ⅱ

エールフランス羽田発2018年元旦フランスパリ旅行記【8】パリ市内散策Ⅲ